スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

真我瞑想「在る」神の生命4


精神世界を探求しているけれど
現実が思うようにいかないという方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。


本日は、「真我瞑想「在る」神の生命4」です。

パスカルは「人間は偉大と悲惨の中間者である」

 宇宙全体から自分自身を捉えるというとき、二つの軸を考えることができます。時間軸と空間軸です。

 時間軸では、宇宙の歴史を考えます。約四十六億年前に太陽と地球が生まれ、約四十億年前に生命が誕生しました。そして、生命が、様々な形に進化を遂げてきました。

人類の直接的な祖先と言えるアウストラロピテクスが誕生したのが約四百万年前、現生人類が誕生したのは、約十五万年前です。

 さらに、文明の成立が五千年前で古代、中世、近代を経て現代に至っています。

 この長大な歴史の中に対して、一人の人間の人生は非常に短いといえます。平均して約八十年のあなたの人生は、四十六億歳の地球の約五千七百五十万分の一にすぎません。あなたの人生を一センチメートルの長さとすれば、地球の歴史は五百七十五キロ、東京―大阪間の距離になります。

では、宇宙の歴史にあなたの人生を位置づけたとき、

カール・ケレーニイという古典学者によると、古代ギリシアにおいては生命を表していた言葉が二種類あったそうです(岡田素之訳『ディオニューソス』白水社、一九九三年、pp.15-20)。

ひとつはビオス、もうひとつはゾーエーです。

明日は、それについてお伝えいたします。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

癒し・ヒーリング ブログランキングへ




精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ

スポンサーサイト
2012-12-12(Wed)
 
プロフィール

真我瞑想

Author:真我瞑想
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。