スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

聖人釈迦 神話から脱出した人


精神世界を探求しているけれど
現実が思うようにいかないという方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。


本日は、「聖人釈迦 神話から脱出した人」です。

古代にこの大きな神話に気づき、それを破壊することに努めた一人の聖人がいます。釈迦です。

 釈迦は、人間の苦悩を直視しました。彼は人間誰しもが抱える四つの苦悩として、生きること、老いること、病気になること、そして、死ぬことを挙げました。

死という苦悩の直視により、神話から脱出した人です。その神話からの脱出が、彼の心の探求の出発点でした。

釈迦は、人生の永続という神話を破壊することから出発して、死という、人間にとって根本的な苦から自分を解放することに成功したのです。そして、その方法を多くの人々に説いて回りました。

ドイツの哲学者マルティン・ハイデガーは、死を忘却した状態を、頽落と呼びました。そして、それは人間の本来のあり方ではないと述べました。

死に対する苦悩は、自己の存在の有限性に対する絶望の苦悩です。

釈迦はすでに挙げた生老病死の四つの苦に、さらに四つの苦を加えて八苦としました。加えられた四つの苦はそれぞれ、愛する人と別れる苦しみ、憎む人と出会う苦しみ、求めるものが得られない苦しみ、そして物質的条件や精神作用に起因するもろもろの苦しみです。


 般若心経に「色即是空、空即是色」という言葉があります。この世のすべて、そして宇宙にあるすべてのものは、無いということです。形あるものは無い。

私たちは形あるものを目にすることができます。しかし、私たちがあると思っている形をともなった様々なものは、存在しないのです。

私たちを含めた全てのものは、本当は生まれることも死ぬこともありません。

物理学は、世界を形作る構成要素として、素粒子を発見してきました。わずかな種類の素粒子の組み合わせとして、世界のあらゆる存在が説明できるということです。

この大宇宙の中で無限に多様な現れかたをしている様々なものも、素粒子という共通の材料で出来るということになります。人間も他の動物も植物も鉱物も素粒子です。

形ではなく、素材のほうに目を向けるとき、宇宙の基盤とでも呼ぶべきものに思い至ります。そして、それが実体です。

そして、その実体は生まれることも死ぬこともありません。汚れることも清まることもありません。
形あるもの、分離したものは存在しません。

 私は、般若心経の「色即是空」を、三つの比喩によって説明することを、ある時ふと思いつきました。
 それは「水」と「空気」と「心」という三つの比喩です。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

癒し・ヒーリング ブログランキングへ




精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ

スポンサーサイト
2012-11-30(Fri)
 
プロフィール

真我瞑想

Author:真我瞑想
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。