スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

真我瞑想「無い」~2つの先入観「物理的先入観」


精神世界を探求しているけれど
現実が思うようにいかないという方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。


本日は、「2つの先入観」です。

私たちは、先入観を大きく分けて二種類挙げたいと思います。一つ目は物理的先入観、二つ目は社会的先入観です。

 物理的先入観は、私たちの感覚器官に由来する先入観です。

たとえば冒頭のグラスの例は、視覚についての物理的先入見を示したものと言えます。

一つのグラスを顕微鏡で見たとき、グラスが肉眼で見たときとは全く異なる姿であらわれるように、視覚はもちろん、聴覚、嗅覚、触覚、味覚などの感覚によって捉えられた世界の像はすべて、相対的なものにすぎないのです。

ドイツの哲学者カントは、私たち人間にとっての世界の在り方を決めているのは、人間の認識形式であるという基本的理解のもと自らの哲学を展開しました。

カントは、その人間の認識形式の根幹に、時間と空間に関するそれを位置づけました。時間と空間の存在も認識する人間の側に引き寄せて考えられたわけです。

十八世紀のカントから下って、二十世紀の相対論や量子論の出現により物理的世界に対する世界観が革新されました。それにより、物理的世界の相対性がさらに露になりました。

少なくとも私たちが素朴に前提にしているように堅固な仕方では世界は存在しないということです。
その意味で、世界は「無い」のです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

癒し・ヒーリング ブログランキングへ




精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ

スポンサーサイト
2012-11-27(Tue)
 
プロフィール

真我瞑想

Author:真我瞑想
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。