スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

真我瞑想「無い」


精神世界を探求しているけれど
現実が思うようにいかないという方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。


本日は、「真我瞑想「無い」」です。

あなたの視界には何が見えますか。
自宅の室内であれば家具や壁が見えるでしょうし、
オフィスであればデスクや電気スタンドなどが見えるでしょう。

あなたは今、周囲から何を感じていますか。
そこは明るいですか。
それとも暗いですか。
暑いですか、寒いですか。
どのような音が聞こえますか。
どのような香りがしますか。

あなたが五官を通して感じる世界は、実はすべて幻だと言ったらどうでしょうか。
ほとんどの人が多かれ少なかれ、不安を感じることと思います。

でも、世界は幻、それが事実です。
たとえば、あなたの目の前に一つのグラスがあるとします。そのグラスは実は幻です。

 そのグラスを一千万倍の電子顕微鏡で拡大して見たとき、そこに見えるのは一面に並ぶ原子です。仮にさらにその一万倍の倍率の顕微鏡で見たとすれば、原子核を中心に広大な空間が広がっているのが見えるはずです。

さらに、その一万倍、その一万倍と倍率を上げていくと、最終的には何も見えなくなってしまいます。ただ空間が広がっている。

 こうして考えると、一つのグラスが存在するということが甚だ心許ないことのように思えてきます。
 実際にあなたの目に見えている世界とは、さまざまな外的・内的な条件によって現れている形、つまり現象にすぎないのです。

このことを、イギリスの哲学者バークリーは「存在するとは、認識されているということである」と言い、ドイツの哲学者ショーペンハウアーは、「世界とは、私の表象である」と表現しています。仏教では、三界唯心と言います。

もし仮に、五感がなければ、私たちは物質的な世界を捉えることができません。

逆に言えば、私たちにとって物質的な世界は、五感によって初めてそれとして現れるものなのです。
この私たちの認識能力が世界を成立させるという関係は、五感のレヴェルに限らず、あらゆる世界認識について当てはまります。

明日は、例を挙げて説明いたします。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!
↓ ↓ ↓ ↓

癒し・ヒーリング ブログランキングへ




精神世界を探求しているけれど現実が思うようにいかないという方へ

スポンサーサイト
2012-11-25(Sun)
 
プロフィール

真我瞑想

Author:真我瞑想
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。